• 医師
  • ナース

現在薄毛で悩んでいる日本人男性は25%以上だと言われています。そんな薄毛にも色々な種類があり、それぞれ原因があります。薄毛を改善するにはまず自分がどのタイプの薄毛なのかを知り、それに合った対策をすることが大切です。

薄毛をシャンプーで未然に防ぐ

男女とも薄毛に悩む人は非常に多くいます。
日々、薄毛に悩む人たちにの為に育毛剤などが研究開発されています。
しかし薄毛対策は、髪の毛が薄くなってしまってから治療する場合と、抜け毛の段階で対策をとる場合では時間・費用が大きく違ってきます。
当然ながら、抜け毛の段階で薄毛を未然に防ぐ方が時間も費用も抑えられるうえ、効果が期待できます。
それでは、抜け毛の段階で薄毛を未然に防ぐ方法をお教えします。
まず大事なことは、どんなに効果があると言われる育毛剤を使っても、土台となる頭皮の環境が悪ければ効果は期待できないという事です。
ですから頭皮を清潔に保つことが第一です。
洗髪する際に重要になるのがシャンプーです。シャンプーは、刺激の少ない弱酸性やアミノ酸系のシャンプーを使い、指の腹で優しく頭皮をマッサージしながら洗髪すると頭皮を傷めることなく清潔にすることができます。
次に清潔になった頭皮に栄養(育毛剤)を与えます。栄養を与える前は、必ずドライヤーなどで髪の毛や頭皮を乾かしておくことが大前提です。
濡れた状態の髪の毛、頭皮に育毛剤を使用すると効果が半減してしまいます。
しっかり乾かした状態で育毛剤を塗り、シャンプー時と同じように指の腹でゆっくりマッサージしながら育毛剤を浸透させることで薄毛を未然に防ぐことができます。