• 医師
  • ナース

現在薄毛で悩んでいる日本人男性は25%以上だと言われています。そんな薄毛にも色々な種類があり、それぞれ原因があります。薄毛を改善するにはまず自分がどのタイプの薄毛なのかを知り、それに合った対策をすることが大切です。

発毛に優しい環境作りは禁煙から

薄毛や脱毛に悩んでいる方は、シャンプーや食事だけでなく、タバコにも注意する必要があります。もし喫煙しているのなら、今からでも禁煙をスタートしましょう。
なぜ喫煙が髪に結びつくかというと、人間の体は喫煙によって体温が下がります。つまり全身の血行が悪くなるので、当然頭皮の血行も悪くなります。
血行不良になった頭皮は、充分な栄養を毛根に運ぶ事が出来ず、発毛が難しくなってしまいます。この状態ではどんなに高級な発毛剤やシャンプーを使っても、ほとんど意味がありません。
荒れた畑に種を蒔いても、作物が育たない状況に似ています。禁煙をすれば頭皮の血行も良くなり、発毛に適した髪の毛に優しい環境に生まれ変わります。
シャンプーや発毛剤はあくまで外部刺激なので、体の内側から作る環境には勝りません。発毛には良い畑作り、つまり良い地盤を作る事から始めましょう。タバコのデメリットは、有害物質が長年体に留まり続ける事にあります。
血行不良から脱毛に繫がるだけでなく、心筋梗塞や肺癌など生死に関わる病の原因にもなります。体から有害物質を排出し、クリーンで髪に優しい体作りをする事は、今すぐ禁煙するだけで始められます。
禁煙が難しいなら、電子タバコやパッチなど、最新テクノロジーの禁煙グッズに頼りましょう。また、喫煙からくる重い病気のリスクを文献で読み、タバコ自体への興味をなくす事も禁煙に有効的です。
また、子供など同居人がいる場合は、副流煙による同居人へのリスクも重要視しましょう。同居人はフィルター越しではない、そのままの煙を浴びています。副流煙により癌になったケースは、実際にアメリカで起こっています。
ご自身にも同居人にも優しい生活を、今からスタートさせましょう。