• 医師
  • ナース

現在薄毛で悩んでいる日本人男性は25%以上だと言われています。そんな薄毛にも色々な種類があり、それぞれ原因があります。薄毛を改善するにはまず自分がどのタイプの薄毛なのかを知り、それに合った対策をすることが大切です。

女性の薄毛

最近では、若い女性の間で薄毛で悩む方が増えています。
ほとんどの場合、びまん性脱毛症という症状です。
これは女性型脱毛症とも呼ばれ、薄毛の悩みの中で最も多いタイプです。
症状は、頭髪が全体的に薄くなり、地肌が透けてきます。
元々女性の薄毛は、老化現象による原因がほとんどでした。
しかし、生活習慣の影響で若い人にも増えています。
どのようなことが原因かというと、まずは仕事の忙しさによる睡眠不足があげられます。
最近では女性の社会進出が目立ち、きちんと眠れない人が多いです。
睡眠時間が少なくなれば、それだけ髪の毛のダメージの修復時間がなくなってしまいます。
それと、ヘアケアに問題があることも原因です。
最近では、ヘアアイロンを使ったり、パーマ、カラーリング剤を多用する女性が増えています。
これらは毛根にダメージを与えて、健康な髪の毛が育たなくなってしまうのです。
また、若い女性に多い過度のダイエットも薄毛の原因です。
タンパク質が不足すると、抜け毛の原因になるからです。
ですから、女性の薄毛は生活習慣を改善する事で治ります。
気をつけることは、バランスの摂れた食事を一日三食とるようにします。
そして、きちんと睡眠をとるようにして、髪の毛にダメージを与えないヘアケアを心がけることが大事です。