• 医師
  • ナース

現在薄毛で悩んでいる日本人男性は25%以上だと言われています。そんな薄毛にも色々な種類があり、それぞれ原因があります。薄毛を改善するにはまず自分がどのタイプの薄毛なのかを知り、それに合った対策をすることが大切です。

オイルマッサージで発毛促進

発毛促進にはオイルマッサージが効果的です。
オリーブオイルやホホバオイル、椿油、頭皮専用オイルなどが使えます。
オイルを使用するタイミングは洗髪をする前です。
頭皮の皮脂はシャンプーでも落とせますが、固まってしまうと除去が難しくなります。
皮脂を落とすためには同様の性質があるオイルを使用するのが好ましいのです。
薄毛が気になる部位にオイルを塗りこんで、指で回転させるようにマッサージしていきます。
こうすることで毛穴の内部までオイルが侵入して、汚れを除去しやすくします。
薄毛の部位にまんべんなく塗りこんだら、10分くらい蒸らしておきましょう。
その間に湯船に浸かっておくとよいですが、このときシャンプーキャップを使用するとより効果的です。
使い捨てのキャップも販売されています。
オイルを使用したケアは、初めのうちは毎日行うのが好ましいですが、皮脂のベタつきがなくなったら週に1~2度のケアでもかまいません。
オイルを塗布後に頭皮を十分に蒸らしたら、今度はぬるま湯でオイルを除去していきます。
それからシャンプーをして残ったオイルと一緒に頭皮の汚れを除去していくのです。
頭皮オイルを使用すれば、オイリー肌が促進されると感じる方もいるでしょうが、液体のオイルならシャンプーで問題なく落とせるのです。
そもそもオイルを使用する理由は、毛穴の内部で固まった皮脂を落とすためです。
皮脂は固まると通常のシャンプー、ぬるま湯などで落とすことが難しいのです。
クレンジングで落とす方法もありますが、オイルのほうが刺激が弱いのでマッサージを併用するときに向いています。
マッサージで血行を促進することは、発毛にも非常によいのです。
薄毛が気になり始めた方は、頭皮から柔らかくしていく必要があります。
頭皮が硬い状態は血行が悪く、発毛には向いていないのです。