• 医師
  • ナース

現在薄毛で悩んでいる日本人男性は25%以上だと言われています。そんな薄毛にも色々な種類があり、それぞれ原因があります。薄毛を改善するにはまず自分がどのタイプの薄毛なのかを知り、それに合った対策をすることが大切です。

アミノ酸が発毛に効果的というのは本当か

元々髪の毛が細い人は、育毛剤を使用してすぐに効果が出るわけではありません。
髪の毛を丈夫にしてボリュームのあるヘアスタイルにするためには、根本的な体質改善が必要です。
そこで有効なのがアミノ酸をたくさん摂取して発毛を促進することです。
人間の体の多くが有機化合物のタンパク質でできています。
タンパク質を構成する最も基本的な単位がアミノ酸で、発毛にもアミノ酸が関わっています。
アミノ酸が不足すると発毛が遅くなったり弱々しい髪の毛しか生えてこなくなったりします。
アミノ酸は髪の毛の原料であるとともに、キューティクルを整える役割を担っています。
キューティクルは髪の毛の内部の水分を蓄え、ツヤのある髪の毛に変えて切れ毛を予防します。
キューティクルは毛染めや紫外線の影響で傷みが激しいので、アミノ酸がないと補修されずに機能を果たせなくなります。
アミノ酸は髪の毛を内側と外側の両方からケアします。
アミノ酸は全部で20種類あり、必須アミノ酸は9種類含まれています。
必須アミノ酸は体で作れないので食事やサプリメントで補わなければなりません。
必須アミノ酸は9種類ともバランス良く摂取しなければ、多くが必要量を超えていても不足した必須アミノ酸によって吸収率が悪くなります。
食べ物にもアミノ酸が豊富に含まれているものは多いですが、吸収を阻害されることがあります。
例えば多くのアミノ酸を含む生卵を卵かけご飯にして食べても、腸内でビオチンと結合することで吸収されなくなります。
他に肉類や豆類にも豊富に含まれますが、長期的に摂取することはコレステロール値の上昇なども影響して簡単ではありません。
食事でバランス良く摂取できない場合は、サプリメントを利用します。